​[清水佑輔の自己紹介・連絡先]

​こんにちは、東京大学人文社会系研究科 (社会心理学専門分野) 修士課程の清水佑輔です。

​唐沢かおり研究室 (詳細はこちら) に所属しています。

[専門]

社会心理学

[研究関心]

特に高齢者や障害者をはじめとする「マイノリティ」への偏見ステレオタイプに関心があり、
これらの否定的態度を生じさせる諸要因および、その軽減策について検討しています。

 

また、日立東大ラボ (詳細はこちら) との共同研究にも参加しており、

スマートシティに対する社会受容性の規定要因などについて検討しています。

 

論文・学会発表に関するご質問などは以下の連絡先に宜しくお願いします。

もちろん社会心理の研究に関する他のご連絡も大歓迎です!

​e-mail: yuhos1120mizu@gmail.com

 

ORCID iDこちら

 

以下のTwitterもぜひフォローしてください!

清水佑輔 (@yuhos_socpsy) / Twitter

​東京大学先端科学技術研究センターによる「先端教育アウトリーチラボ」の学生アフィリエイトとしても活動しています (詳細はこちら)。

逗子ヤシ.JPG

[近況・予定​]

2022.01.22

清水・石綱・尾崎・橋本・田井・谷辺・唐沢の論文「The social acceptance of smart health services in Japan」が『International Journal of Environmental Research and Public Health』に掲載予定です。

2022.01.17

清水の論文「Multiple desirable methods in outlier detection of univariate data with R source codes」が『Frontiers in Psychology』第12巻に掲載されました。

2022.01.17

清水・橋本・唐沢の論文「Ageist attitudes: Youth identity, subjective time to become older, and impressions of the general older population's physical and mental health」が『Advances in Gerontology』に掲載予定です。

2021.12.26

Society for Personality and Social Psychology: 2022 Annual Convention (2022.02.16-19) にてポスター発表を行います (Shimizu, Hashimoto, & Karasawa「Ageism and related factors: Focusing on the social identity theory and disease avoidance mechanisms」)。

2021.10.25

清水・橋本・唐沢の論文「Decreasing anti-elderly discriminatory attitudes: Conducting a 'Stereotype Embodiment Theory'-based intervention」が『European Journal of Social Psychology』に掲載予定です。

2021.10.21

清水・ターン・橋本・唐沢の論文「象徴的障害者偏見尺度日本語版 (SAS-J) の作成」が『心理学研究』第92巻6号に掲載予定です (J-STAGEにて早期公開されました。詳しくはこちら)。

2021.09.27

2022年度日本学術振興会特別研究員 (DC1) に内定しました。

[電子書籍​]

心理学統計に関する電子書籍をAmazon (Kindle版) にて出版しています。Kindle Unlimited会員の方は無料で読んで頂くことが可能です!いずれも、統計ソフトウェアRの初学者の方を対象にしております。

1. Amazon.co.jp: Rを用いて徹底解説 心理学統計 基礎の基礎 効果量の重要性と信頼区間: 1群のt検定まで

2. Amazon.co.jp: Rを用いて徹底解説 心理学統計 基礎の基礎 効果量の重要性と信頼区間: 2群のt検定

3. Amazon.co.jp: Rを用いて徹底解説 心理学統計 基礎の基礎 相関係数のいろいろ

4. Amazon.co.jp: Rを用いて徹底解説 心理学統計 基礎の基礎 相関比とクラメルの連関係数